photo-ac.com

クリスマスの夜に親子で読みたいオススメ絵本4選!

いよいよクリスマスまであと2週間!ツリーを飾ったり、サンタさんに手紙を書いたり、ケーキを予約したり、すっかりクリスマス気分なのではないでしょうか。今日は読書好きの筆者がおすすめするクリスマス絵本を4つご紹介しますので、ぜひ親子で手に取って、クリスマス気分をさらに味わってみてはいかがでしょうか。

ぐりとぐらのおきゃくさま

photo-ac.com
【あらすじ】
おなじみ「ぐりとぐら」のシリーズ。
ぐりとぐらが見つけた大きな足跡を辿っていくと、自分の家に行きつきます。
玄関を開けると、大きな長靴があり、真っ赤なオーバーがあり、真っ白なえりまきがかかっていて。。。
ぐりとぐらの家にやってきたお客さんが、ぐりとぐらの大好きなクリスマスケーキを焼いてくれます。
さてこの大きなお客さんはいったい誰なのでしょう。

【みどころ】
タイトルと表紙だけを見ると、クリスマスのお話ではないような気がしますが、サンタクロースのおじいさんが出てきます。
足跡や暖炉の前に干してある手袋、部屋の隅の大きな白い袋。。。
『サンタクロース』という言葉は一度も出てきませんが、サンタクロースの物らしき荷物が色々な場所に置いてあって、わくわくしながら読み進めることができます。
筆者の娘も「たぶんサンタさんじゃない?」なんて読むたびに言いながら、絵本に聞き入っていますよ!

【作】中川 李枝子
【絵】山脇 百合子
【出版社】福音館書店

ゆきうさぎの おくりもの

photo-ac.com
【あらすじ】
ゆきうさぎピートくんのシリーズ2作目、『ゆきうさぎのおくりもの』。
クリスマスの前日、ピートくんがお友だちと遊んでいると、寒くてみんな帰ってしまいました。
一人ぼっちになってしまったピートくんが、夜通しかかってお友だちのために作った贈り物。
お友だちを思ってプレゼントすると、またピートくんの周りにお友だちが集まってきました。
お友だちを思う温かい気持ちがとっても素敵なお話です。

【みどころ】
全ページに銀箔が散りばめられ、キラキラして綺麗な絵も魅力的。
一人ぼっちになってしまったピートくんが、お友だちのことを思ってプレゼントする行為に、小さい子供の健気な想いが伝わってきて、きゅんとなります。

【絵】レベッカ・ハリー
【訳】木原 悦子
【出版社】世界文化社

ひゃくおくまんのサンタクロース

photo-ac.com
【あらすじ】
サンタクロースの本場フィンランドで2014年に刊行されたこの絵本。
むかしむかし、サンタクロースは子供たちにプレゼントを配るために頑張っていました。
でもだんだん子供が増えて、ひとりでは配り切れなくなったサンタは、神様にお願いして、サンタクロースを2人、10人、100人・・・と増やしてもらいました。
10000人になって、もうプレゼントを配り切れなくなった時、サンタクロースは誰にプレゼントを渡すよう頼んだのでしょうか。

【みどころ】
フィンランドで刊行された絵本ですが、実は作者はもたいひろこさんという日本人。
クリスマスのお話でこんな落ちはなかなかないので、読み終わった時は私自身もビックリしてしまいました。
絵も可愛く物語も独創的。
サンタクロースの存在を疑い始めた子供向けには面白い絵本だと思います。
ただ我が家の娘のようにサンタさんをまだ信じている子には、夢を壊してしまうようで、ちょっと酷かな。。。
絵本を読み終えた娘は、衝撃的だったのか無言でした(笑)。

【作】もたい ひろこ
【絵】マリカ・マイヤラ
【出版社】アノニマ・スタジオ

マドレーヌのクリスマス

photo-ac.com
【あらすじ】
直木賞作家である江國香織が翻訳を手掛けるマドレーヌシリーズ。
12人の女の子が暮らすフランスの寄宿舎にもクリスマスがやってきましたが、マドレーヌをのぞいてみんな風邪をひいてしまいます。
そこへ不思議なお客が現れて、マドレーヌは12枚の絨毯を買います。
12人の女の子は風邪もどこへやら、みんなその絨毯にのって最高のクリスマスプレゼントをもらいました。

【みどころ】
おてんばなパリジェンヌマドレーヌが今回もやってくれました!
ストーリー展開ははちゃめちゃで、日本の絵本にはなかなかない物語ですが、元気いっぱいのマドレーヌファンは多いはず。
深く考えず、マドレーヌの絨毯のように親子ではちゃめちゃなクリスマスイブを楽しんでみて下さい!

【作・絵】ルドウィッヒ・ベーメルマンス
【訳】江國 香織
【出版社】BL出版
この時期になると本屋さんや図書館にもたくさんのクリスマス絵本が特設されていますね。色々読みましたが、タイトルに『クリスマス』とうたっていなくても、読んでみるとクリスマスのお話は結構あります。絵が綺麗だったり、ロマンティックな物語だったり、クリスマスの絵本は大人が読んでもとても面白いですので、気に入ったものを見つけて、ぜひ親子で読んでみて下さい。
この記事を書いた人
MAKOMI

4歳になる娘を持つママです。子育てを始め、読書レビュー、ファッション等、多方面で執筆中。面白いネタを探して、日々アンテナを張って生きてます!

1,129,353 Pv