www.photo-ac.com

ハロウィンに! ちょっと怖い!?不思議!?な絵本

子供って怖い怖いと言いながら怖い、不思議が好きなもの。
目を隠しながら見る、あの心理ですね。
大人も同じで怖いテレビを見た後に、「見なきゃよかった」なんて思ったりして。
それでもなぜか目がいく、怖い、不思議なモノたち。
子供向けのちょっと怖い?不思議?絵本を集めてみました。

これトラウマ!?「ねないこだれだ」

www.amazon.co.jp
「ねないこだれだ」
出版社:福音館書店
せなけいこ 著

【あらすじ】
夜の9時、起きているのは、ふくろう、くろねこ、それともどろぼう……いえいえ よなかは おばけのじかん。
ふくろうやくろねこ、どろぼうの切り絵もじわじわと怖さを誘います。
そして、何と最後には寝ない子は「おばけになって とんでいけ」……。
子供はお化けに手を引かれ、夜空に昇って行ってしまうのです!
そして、絵本はそこで終わってしまいます。
……。

言わずと知れたおばけ絵本のロングセラー。
何と初版は1969年!
確かにうちのパパも「あれはトラウマだった……」と言っていたな、と思い出した筆者でした。
そして、子供の絵本にも「バットエンド」ってあるのね!
長女と区役所でこの絵本に出会い、衝撃を受けた筆者でした。

そして、なにより切り絵の「怖さ」に手抜きが感じられません。
黄色と黒の目のおばけは、じっと見ていると大人でも何となく怖さを感じます。

美しく不思議な夢の世界……「よるくま」

www.amazon.co.jp
「よるくま」
出版社:偕成社
酒井駒子 著

【あらすじ】
「ママあのね…きのうのよるね……」
ベッドに入ってママに見つめられながら、ぼくがママに語りはじめる所から物語は始まります。
昨日の夜、「ぼく」のところに、真っ黒なくま「よるくま」がやってきます。
よるくまはお母さんを探しているのです。
「こんなにかわいいよるくまをおいて、おかあさんどこいったの?」
ぼくとよるくまは一緒にお母さんを探しに出かけます。
街、公園、よるくまのおうち。
どこにもお母さんはいません。
ついに、よるくまは泣き出します。
よるくまの涙で、あたりはまっくら。
「たすけて! ながれぼし!」二人は真っ暗な中、流れ星を掴みます。
……。

このお話の見どころは、とてもきれいな絵。
何とも不思議な夢の中だなあと思わせるような幻想的な雰囲気。
誰もが子供の頃、眠りの中で一度見たことがありそうな、景色や思い。
最後のお母さんとのくだりは、とっても切なく、そしてあったかい気持ちになります。


うちのロングセラー、「せかいにパーレただひとり」

www.amazon.co.jp
「せかいにパーレただひとり」
出版社:偕成社
シースゴール 著

【あらすじ】
ある朝目を覚ますと、パーレは一人ぼっち。
お父さんもお母さんもいません。
誰もいないのですから、何も言われることはありません。
パーレはチョコレートやリンゴをかじったり、バスを運転したり……。
銀行へ行けば、お金も下ろし放題です。おもちゃも全部買えるはず。
でも……、お金を受け取る人もいないのです。
映画館に行けば、映画を映してくれる人もいません。
……。

一人では、つまらない。
パーレが気づくところがこの話の最後なのですが、見どころは導入部の「お母さんも、いないの?」というわくわくと不安、それから何よりパーレが子供が普段やってみたいと思っていることをみんなやることろ。
もちろん善悪のしつけという意味合いでも読んであげられますし、わくわくどきどきという意味でも面白い絵本です。
世界30か国で翻訳されています。納得♡

一押し♡ リズムが素敵な「ねむいねむいおはなし」

www.amazon.co.jp
「ねむいねむいおはなし」
出版社:あすなろ書房
ユリ・シュルヴィッツ 著

【あらすじ】
ねむいねむいよる、おうちでねむるおとこのこ。おもちゃも、くまさんもみんなねむい。
と、どこからかたのしいしらべがきこえてきた……。
カタコトカタコト。
リズムに合わせて踊り出すいす、お皿や時計。男の子が目を開けると……。
……。

筆者のおすすめ、ユリ・シュルヴィッツ。
あまり鮮やかな色づかいではないのですが、リズムや情景の美しさが際立って素敵です。
リズムで読める絵本のため、文字の覚えが遅かった長男でも赤ちゃんの時から読んであげられました。
シュルビッツの絵本は長女(6)もお気に入りで、学校の「私の宝物」コーナーに持っていったほど。
一見地味なようですが、じわじわお気に入りになります。ぜひ一度読んでみてください。
怖い?不思議?絵本って探すとけっこうあります。
ハッピーエンドや可愛い話もいいですが、何となく怖くて不思議な話っていつまでも印象に残るもの。
ハロウィンに、ぜひ一冊いかがですか?
この記事を書いた人
綾希子

2児の母です。実家のそばで第一子出産後、夫婦の危機に。今度はパパとトラブルにならないようにと、実家に頼らず助産院で第二子出産後、頑張りすぎてマタニティーブルーに。その経験から、助産院の子育て…

246,739 Pv