www.photo-ac.com

立春が過ぎてもまだ間に合う!!雛人形はいつまでに飾るの?

女の子の節句と言えば、ひなまつりですね。
女の子のいる家庭では、雛人形を飾ってお祝いをしますが、雛人形をいつ出せば良いのか迷うことってありませんか?
実は私も、立春の日に出すのを忘れてしまい、慌ててしまうことがあります。。。
そこで、同じ境遇の方に少しでも参考になればと思い、雛人形を飾るのに良い日についてご紹介いたします。

なぜ、雛人形は立春に飾るのが良いのか?

www.photo-ac.com
雛人形を飾る時期は、一般的には立春から飾り始めると言われています。
では、なぜ立春の日に雛人形を飾ると良いのでしょうか?
立春とは、節分の翌日にあたり、節分の豆まきで鬼や厄を祓って清められることから、縁起が良いとされています。
雛人形を早く飾りたい方は、やはり立春に飾るのが一番良いのかもしれませんね。

ここで、豆知識♡
実は、節分は2月3日だとは限らないって知っていましたか?
太陽との関係のようですが、2020年までは2月3日が節分ですが、2021年は2月2日が節分になります。
立春が2月4日頃と定まっていないのも、これに関係しているようです。
立春は節分の次の日と覚えておくといいです。

雛人形は、やっぱり大安に飾るべき?

www.photo-ac.com
大安とは、暦注の中の六曜の一つです。
カレンダーに、「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」と記載されていることがありますが、これが六曜といわれるものです。
大安は、『大いに安し』という意味で、何をするにも良い日と言われています。
何事も日の良い大安の日に、やはり雛人形を飾るという家庭が多いですよね。
ちなみに2017年の立春以降の大安の日は、

★2月7日(火)
★2月13日(月)
★2月19日(日)
★2月25日(土)

です。
ぜひ、ご参考までに♡

雨水って何?

www.photo-ac.com
雨水(うすい)という言葉を、初めて聞いた方もいるかと思います。
では、雨水とは何かというと、一年を24の季節に割り振る二十四節気(にじゅうしせっき)という概念のうちの一つです。
寒さが和らぎ、雪が雨となり、氷が溶けて水となり、本格的な春の訪れを感じられるようになる時期です。
実は、この雨水の期間に雛人形を飾ると、『良縁に恵まれる』という言い伝えがあるようです。
ちなみに、2017年の雨水の日は、2月18日(土)です。
雨水には期間としての意味もあり、2017年は2月18日(土)~3月4日(土)となります。
ひな祭りは3月3日が一般的ですが、地域によっては4月3日のところもあるようですので、お住いの地域ではいつがひな祭りにあたるのかを確認しておきましょう。
また、前日に出して飾るという「一夜限り」はとても縁起が悪いとされています。
遅くても、ひな祭りの一週間前までには出すようにしましょう。
みなさんが、素敵なひな祭りを過ごせますように♡
この記事を書いた人
されらんと

5歳の女の子と3歳の男の子のママです。よろしくお願いします。

198,542 Pv