photo-ac.com

もうすぐひな祭り!ひな祭りの起源や食べ物の意味を知って、家族みんなでお祝いしよう!

クリスマスやお正月のイベントが終わると、次はひな祭りですね。年明けからひな人形のCMを頻繁に見かけるようになり、我が家の娘も最近はすっかり『ひな祭り』の歌を口ずさむようになりました!女の子のいるご家庭では、ひな人形をいつ出そうか、そろそろ考え始めているところもあるのではないでしょうか。ひな祭りの起源や食べ物の意味を知って、家族みんなで楽しくひな祭りをお祝いしましょう!

五節句のひとつ『上巳の節句』

photo-ac.com
女の子の健やかな成長と幸せ、良縁を願って行われる恒例行事『ひな祭り』。
ひな人形や桃の花を飾り、3月3日、あるいはそれに近い週末などに、家族でちらし寿司やひなあられなどを頂いて、お祝いしますね。
ひな祭りは、『上巳(じょうし)の節句』とも呼ばれ、五節句のうちのひとつとされています。
五節句とは江戸時代に、幕府が公的な祝日として定めたものであり、言葉の通り、一年を通して五つの節句が設けられています。
① 人日(じんじつ)の節句・・・1月7日、七草を食べることから、七草の節句とも
② 上巳(じょうし)の節句・・・3月3日、桃の節句
③ 端午(たんご)の節句・・・5月5日、菖蒲の節句
④ 七夕の節句・・・7月7日
⑤ 重陽(ちょうよう)の節句・・・9月9日、菊の節句
奇数が重なる日は、邪気を払うことができるとも言われていることから、五節句は奇数の重なる日が多いようです。

ひな祭りの起源とは?

photo-ac.com
ひな祭りの起源は、中国の漢の時代にさかのぼるそうです。
昔々、中国に徐肇(じょちょう)という男の人がいました。
徐肇は3人の女の子をもうけましたが、子供は産まれて3日以内に全員亡くなってしまいました。
嘆き悲しむ徐肇を見た村人たちが、酒を手に、3人の女の子を清めて水葬したことがひな祭りの起源だと言われています。

日本にその話が伝わり、平安時代には3月3日に陰陽師を呼び寄せ、お祓いをし厄払いをしました。
その時に藁などで作った人形に娘の生年月日を書き入れ、災いを人形に託して川に流したことが、現在のひな人形になっていると言われています。
また段々のひな人形になったのは、江戸時代に入ってからだそうです。
当時の庶民にとって、段々のひな人形を購入するのは高価だったため、庶民のひな人形として吊るしひなが広まりました。

ひな祭りにどうして桃を飾るの?

photo-ac.com
ひな祭りと言えば、桃の花ですよね!
我が家でも毎年、ひな人形を飾ると、合わせて桃を活けるのですが、どうして梅でも桜でもなく、桃なのでしょうか。
桃の起源も古代中国にさかのぼります。
古代中国では、桃の花は『魔除け』の花と考えられていました。
昔の中国の人は、ひな祭りに桃の花を活け、花びらを浮かべたお酒を飲み、3月3日に子供の無病息災を願ったそうです。

ひな祭りの食べ物にもちゃんと意味ある!?

photo-ac.com
ひな祭りの食べ物と言えば、ハマグリのお吸い物、ちらし寿司、ひし餅、ひなあられなどなど。。
これらのお料理にもちゃんと意味があるのです!

・ハマグリのお吸い物
 縁起物としても有名なハマグリ。
 ハマグリは2枚の殻がぴったり重なり合うことから「夫婦和合」の意味で縁起がいいと言われています。
 一生一人の人と添い遂げられるよう良縁を願い、頂きます。

・ちらし寿司
 腰の曲がっている海老は、長生きの象徴。
 おせち料理同様、お祝い事には欠かせない食材です。

・ひし餅
 赤、白、緑の3色で作られるひし餅。
 赤は桃の花を意味し、白が雪解け、緑は新芽を意味します。
 ちなみにひなあられは、ひし餅を小さく切って揚げたものだそうですよ!
女の子の楽しみの行事である『ひな祭り』。その起源はお隣の国、中国の影響を受けているようですね。ただお祝いするだけでなく、家族みんなでひな祭りについてお話して、楽しくお祝いできるといいですね。
この記事を書いた人
MAKOMI

4歳になる娘を持つママです。子育てを始め、読書レビュー、ファッション等、多方面で執筆中。面白いネタを探して、日々アンテナを張って生きてます!

1,129,353 Pv