ボリューミーだけどさっぱり食べられる夏バテ対策レシピ!

暑くてもがっつり食べたい!
食べなきゃバテちゃう!
夏休みの子供と過ごすにはいつも以上の体力が。。。!

というわけで、今回はがっつり系だけどさっぱり食べられるレシピを集めてみました♪

鮭マヨ

【材料】
生鮭        2切れ
塩         少々
片栗粉       大さじ2
マヨネーズ     大さじ3
砂糖        小さじ1.5
酢         小さじ1弱
オイスターソース  小さじ1
サラダ油      大さじ1

<手順1>
鮭を一口大に切って、塩をふり、片栗粉をまぶす。

<手順2>
フライパンに油をひき、鮭を焼く。

<手順3>
マヨネーズ、砂糖、酢、オイスターソースをよく混ぜ合わせる。

<手順4>
焼いた鮭を手順3のソースと絡めたら出来上がり。

鯵の南蛮漬け

【材料】
小アジ  好きなだけ
片栗粉  適量
揚げ油  適量
にんじん 1本
きゅうり 1本
玉ねぎ  1個
寿司酢  適量

<手順1>
にんじん、きゅうり、玉ねぎは千切りにする。

<手順2>
鯵は片栗粉をまぶして油で揚げる。

<手順3>
深めの器または保存容器に揚げた鯵、野菜を入れ、寿司酢をひたひたになるくらい回しかける。
冷蔵庫で1〜2時間置いて、出来上がり。
一晩休ませると味が馴染みます。

甘酢豆腐

【材料】
豆腐   200g
長ネギ  好きなだけ
カニカマ 好きなだけ
めんつゆ 大さじ2
酢    大さじ1/2
ごま油  大さじ1
砂糖   小さじ1
片栗粉  小さじ1

<手順1>
豆腐を食べやすい大きさにカットして、深めの器に並べる。

<手順2>
ねぎをみじん切り、カニカマを食べやすい大きさにカットするか裂いておく。

<手順3>
手順2に調味料を全て入れ、よく混ぜる。

<手順4>
手順3を手順1の豆腐にかけて、ラップをかけてレンジで4分加熱して出来上がり。

唐揚げのトマトソースがけ

【材料】
鶏もも肉 1枚
トマト  大1個
大根   5cm
長ねぎ  10cm
にんにく 4~5片
米粉   適量
油    適量
酒    大さじ1
醤油   大さじ1
きび糖  小さじ1~2
にんにく 1片
生姜   1片
ポン酢  適量

<手順1>
鶏もも肉をぶつ切りにし、酒・醤油・きび糖・すりおろしたニンニク(1片)と生姜を揉み込み、冷蔵庫で10分ほど休ませる。

<手順2>
トマトはサイコロ切り、ねぎはみじん切り、大根はすりおろし、ニンニク(4〜5片)は皮をむいておく。

<手順3>
手順1の鶏もも肉に米粉をはたき、油で揚げる。
皮をむいたニンニクも一緒に揚げる。

<手順4>
手順3にカットしたトマト・刻んだねぎ・おろした大根をのせ、ポン酢をかけて出来上がり。
どのレシピも『酢』を使ったさっぱりした味付けのメニューです。
酢には疲労回復効果もあるので、積極的に摂りたいですね!
酸味がまろやかな米酢やりんご酢なら、子供でも食べやすくなるのではないでしょうか?
南蛮漬けなどは保存もきくので、作り置きしておくと便利ですね。
唐揚げは冷凍食品を活用して、ソースだけ作るという手もあります。
うまく手抜きしながら、暑い夏を乗り切りましょう!
この記事を書いた人
うっちー

もうすぐママ4年生!元気いっぱいの息子に翻弄される日々でございます…(꒪⌓꒪)

160,185 Pv