www.toyota.co.jp

無料で親子体験!トヨタ博物館はパパと子どものテーマパーク

子どもはもちろん、車好きのパパやママも満足できるトヨタ博物館。
あの世界のトヨタ自動車が、140台も見学できます!むちゃくちゃ格好いいです!
毎週何かしらイベントが催されていて、入館料を払わなくても無料ゾーンだけでも子どもは満足できるはず!
そんないいところだらけ、世界のトヨタ博物館をご紹介します!

トヨタ博物館とは?

トヨタ博物館は、愛知県長久手市にある、世界のトヨタ自動車創立50周年に作られた、トヨタ車をメインとする約140台もの自動車が常設展示されている博物館です。
展示されている車はクラシックカーから最新のプリウスまで本当に充実しています。
私も家族で何度か足を運んでいますが、展示してある自動車の多さにびっくりするのと同時に、車好きの主人は見入ってしまってなかなか帰ろうとしません!
車の街愛知県だけあり、観に来る人も子どもから大人、車関係の外国人まで多くの人に支持されています。
トヨタ車だけでなく、フォードなど外国車も展示してあり、また消防車やバイクなど、子どもに興味のありそうなものも充実していて試乗もできるので、家族みんなで楽しめます。

無料ゾーンがもりだくさん!

www.toyota-ep.co.jp
入館料を払えばすべてのゾーンを見ることができるのですが、無料ゾーンだけでも実は充分楽しめます。
実際私は過去2度入館料を払ったことがありますが、近所ということもあり、娘とふたり無料ゾーンのみでしっかり遊んで帰ってくるほうが多いです。

クラッシクカー2台と、クラッシックバスの試乗(動きません)、スタンプラリーやミニカーの展示など、小さいお子さんや幼児にも充分楽しめるスペースがいっぱいです。
毎月イベントが設けられていて、9~10月にかけては無料ゾーンでモールクラフトやペットボトルを使った工作も楽しめます。
またレストランやカフェも併設されており、平日は子連れの親子でにぎわっていますよ。
館内にあるショップでは、トヨタ博物館限定のミニカーやチョロQが販売されていて、男の子を子どもに持つママたちは結構大変そうです。

9月の土曜は車両実演イベント開催!

今月はシルバーウィークということもあり、毎週土曜日に無料で車両実演のイベントが開催されています。

■ 9/5(土)  油圧ショベル&かにクレーン
■ 9/12(土) キャリアカーへの車両積み込み
■ 9/19(土) ポンプ車&救助工作車
■ 9/26(土) ハイウェイ・パトロールカー

9月5日のイベントに、私も見に行ってきました!
駐車場を使って、“KOMATSU”の油圧クレーン2台にクレーンの実演と、ヘルメットをかぶっての写真撮影がありました。
11時スタートでしたが、10時半には人が集まり始め、始まるころには300人ほどになっていました。
準備のいい人はレジャーシートを持参していて、車好きの子どもはとくに興味津々で見ていましたよ。
普段そんなに車に興味のない娘も目の前で大きな重機が動いているのにはさすがに驚いたのか、かなり喰いついてました。
このイベントは無料ですし、駐車料金もかからないので、ふらっと遊びに行ってもいいと思います。

博物館へは日本で唯一、磁気浮上式リニアモーターカーに乗って!

www.pref.aichi.jp
トヨタ博物館へのアクセスは、長久手インターで下りればすぐですが、ここはぜひリニアモーターカー『リニモ』に乗って行ってもらいたいです。
2005年の日本国際博覧会、愛・地球博に伴って建設された日本で唯一の磁気浮上式リニアモーターカー『リニモ』ですが、トヨタ博物館はリニモの芸大通駅を降りてすぐのところにあります。
私も乗ったことがありますが、リニモは本当に静かでほとんど揺れません!
初めて乗ると、びっくりします。
残念ながらリニモは速くはありませんが、イベントのひとつとして乗るのには面白いと思います。
地下鉄から直結で乗り換え可能ですし、移動も旅の楽しみとしてぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。
入館料は大人1,000円かかりますが、いちどすべて見学しても損はないと思います。
ちなみに幼稚園児までは無料です。
世界のトヨタ、さすが大企業!博物館にも正直とてもお金をかけているといった印象です。
授乳スペースや女性用トイレも広くとってありますし、館内どこも綺麗ですので、家族でゆっくり&しっかり楽しめると思います!
この記事を書いた人
MAKOMI

4歳になる娘を持つママです。子育てを始め、読書レビュー、ファッション等、多方面で執筆中。面白いネタを探して、日々アンテナを張って生きてます!

1,129,353 Pv