pixabay.com

えっ…男性が陣痛を体験!?陣痛を起こし悶える男性が今話題!

きつい、辛い、苦しい…陣痛・分娩はこれでもか!という程女性は大変な思いをします。
なのに女性にしかわからない痛みとはいえ、男性の中には「大した事ないでしょ」と軽視してしまう人もいるようです。
男性にあの辛さをわかって貰うには一体どうしたら?!
今回はちょっと息抜きの記事になります。肩の力を抜いて見て行きましょう!

陣痛とは?

www.photo-ac.com
陣痛とは赤ちゃんを子宮外に出そうと(つまり出産しようと)子宮が収縮する際に起こる痛みをいいます。
陣痛には波があって、痛みが起これば引き、引いたと思えば起こるを繰り返します。
出産が近くなるとその波の間隔が短くなり、陣痛の痛みもどんどんと強く増していきます。

その時の姿は壮絶。
痛いとか痛くないとかの次元ではない、それが陣痛・出産なのです。
しかし、はじめにご紹介した通りこれらの辛さを軽視する男性もいるようで…。
出産を体験した身としては複雑な気持ちになりますよね。
女性にしか体験出来ない陣痛に出産。
この痛みをどうしたら上手く伝えられるでしょうか?

陣痛の痛みを例える二つの例えをあげてみます。

www.photo-ac.com
【スイカを鼻の穴から出す痛みって?】

良く陣痛の痛さを例える表現として、スイカを鼻穴から出す痛み、と例えられるのを聞いた事はありませんか?
小さな鼻穴からスイカを出す…確かに物凄いという事だけは分かるのですが、少し非現実的で想像が難しいような気もしますね。
そもそも鼻穴とはどの位広がるものなのか?そしてどの位痛いのか?
そこで筆者が試しに具合の良いペンを鼻に突き刺し刺激してみた所、鼻の骨に当たり痛みを感じ吐気が込み上げ、非常に不愉快な思いをしました。
どうやら鼻に異物が通ろうとするとそれなりの苦痛を味わう事になるようです。
スイカより明らかに小さいものですら痛みを伴うという事は、スイカが通って出てくるとなると冗談じゃ済まされない事態になりそうですね。


【男性の急所を絶え間なく蹴り上げる痛みとは?】

こちらも有名な例え、「陣痛の痛みは男性のお股を蹴り上げるより痛い」です。
これは男性にしか分からない痛みだと思うので、女性にはいまいち分かりにくい表現ですよね。
筆者も女性の為分かり兼ねますが、私の夫は男性なので、どれ程痛いのか協力をお願いしましたが、あっさりと断られてしまいました。
そこで、ネットで色々と調べてみると
「“痛い”、というより“許さない”」
「地球が消滅するイメージ」
「臓器が全部出てきそうになる」
など、想像を絶する痛みがあるようです。
地球が消滅、とはとても物騒ですがそれほど辛いという事でしょう。
男性からすると、お股を蹴られるより痛いものなどない!という方が多いようです。

大袈裟、そんなに痛いはずがない。
残念ながら、このような話をする男性も多いよう。
この話を聞くたびに筆者は物凄く悲しい気持ちになる上、若干の腹ただしさを覚えてしまいます。
ただ男性の妊婦体験はあっても陣痛・出産体験はない為、あの痛みが良く分からないというのも仕方ないのかもしれません…

…と思っていましたが、なんとあの陣痛を男性も疑似体験する事が出来るそうなのです!!
えっ、それどういう感じ?!

えっ…陣痛疑似体験マシーン?

www.photo-ac.com
何と女性の陣痛の痛みを電気を用る事によって男性が体験できるというのです。
お腹に電気を流し、陣痛特有の収縮を再現するそうなのですが実際どうなのでしょうか。
この陣痛体験を映した動画がユーチューブにあるという事で、早速筆者も視聴して参りました。
…結果、中々興味深い!そして笑いがこみ上げる…!
再生回数の多い動画を二点紹介させて頂きますので、興味がある方は是非覗いてみてください。


タイトル How Men React To Labor Pain
https://www.youtube.com/watch?v=qtR_-MINR1o
女性は大袈裟なとこあるからね~と二人の男性が陣痛体験をしに行きます。
最初は楽しそう!と笑っている男性ですが、陣痛のレベルをあげていくと…
まさに陣痛!という感じで、筆者も懐かしく思えました。


タイトル Husband Experiences the Pains of Giving Birth for Mother's Day
https://www.youtube.com/watch?v=WekuQqkjwcs
上動画と同じく電気を使って、陣痛の疑似体験をします。
段々と陣痛レベルが上がるにつれ、悲痛な叫びが…


この他にも男性が女性の陣痛を体験する動画はたくさんユーチューブにアップされています。
体験をする前まではどの男性も余裕そうに笑っているのですが、最終的には大変な事になっているのが印象的でした。
そして付き添いの奥さんは「わかってくれたのね」と笑っている方がほとんど。
やはり、女性は「一度この痛みを体験してみなさいよ」と不満に思っていたのでしょうか…(笑)

男性の皆さんは体験してみたいですか?また女性の皆さんは男性に体験して貰いたいですか?
残念ながら(?)まだ日本では、そういったものがないようです。

男性は出産出来ないからこそ、支えて欲しい。

pixabay.com
陣痛シミュレーションは、あくまで疑似体験。
本家本元に出来る限り似せてあるようですが本物の陣痛ではありません。
ですが、この体験をする事で陣痛・出産に対する考え方が変わったという人も多いんだとか
妻の気持ちになってみよう、という考えで挑戦する男性には「すごい」の一言ですね。
皆産んでるんだから、と軽く考えずどんな状態になるのか考えてみるだけでも妻への気持ちが変わるのではないでしょうか?

出産というと女性だけの大イベントと思われがちですが、この機会に是非男性も陣痛・出産に興味を持って頂けたらと思います。
いかがでしたでしょうか?
男性は女性の代わりに陣痛・出産をする事は出来ません。
しかし、自分の子供を産んでくれる奥さんを労わる事は出来ます。
決して「大したことない、辛そうにするな!」などと言ってはいけませんよ!!

この記事を書いた人
ぽんこ

3歳の男の子を育てています。幼児と一緒に右往左往の毎日です。

313,376 Pv