www.amazon.co.jp

多忙なママにはこれ!離乳食作りに役立つハンドブレンダ―。

離乳食初期に赤ちゃんに与えるものはどんなものでもとにかく、なめらか&とろり状態にしなくてはいけません。
その為にはすり鉢やすり棒を使い食材を丁寧に擦って擦って擦りまくるのですが、これが案外辛い作業!

本日は毎日忙しいママにはこれ!ハンドブレンダーのご紹介です。

すり棒やこし器も良いけれど…。

www.photo-ac.com
離乳初期のごはんの状態はペーストが基本。
すり鉢やすり棒こし器を使い、お米や野菜をとろとろ状態にする…文字にすれば簡単なような気もしますが、本当の所この作業が実に大変なんです。
特に粘り気のあるものや繊維質のものをすり鉢こし器でペーストするとなると重労働と化します。

擦っても擦っても擦ってもまだまだ子どもにあげられる状態にならない…
時間はどんどん進んでいく…

更に冷凍保存前提の大量生産をするとなると、すり棒を持っている手が痛く赤くなったり延々と続く作業にストレスが溜まってしまいますよね。

体も疲れ、時間が足りないママにとって大きな負担ともなるこの離乳食作り。
ママのその負担が少し、いえ大きく変わるアイテムがハンドブレンダ―です。

早い、簡単、楽ちんの三拍子備え!ハンドブレンダ―は便利!

www.amazon.co.jp
ハンドブレンダーは野菜や果物を刻み混ぜ潰して、なめらかな状態へとスピード調理してくれるキッチン家電です。

すり鉢・すり棒で離乳食を作る場合、まず鍋から火を通した食材を容器に移してからすり潰すを延々と繰り返すのですが
ほとんどのハンドブレンダーは鍋に食材を残しまま直接つぶし、かくはんする事が出来るので小さくも大きな手間を軽減させてくれます。
また何と言ってもすり棒やすり鉢を使った調理方法が30分以上かかるとしたら、このブレンダーがあればたったの数秒でとろっとろ状態に出来るのが最大の魅力。
頑固なあの野菜も柔らかお米もなんのその、あっという間にとろとろ状態に早変わりです。
勿論機械なので自分の力もいらずで手に優しく、洗い物も少なく済むのでいつもよりぐっとストレスが軽減されます。
スイッチをオンするだけなので機械が苦手なママや、調理が苦手なパパでも簡単に扱えますよ!
早い 楽ちん 簡単、ハンドブレンダ―には三拍子揃っています。

いや、離乳食初期だけ使うならもったいないよね?

www.photo-ac.com
「離乳食初期しか活躍しないのに、購入するのは勿体ない」と思うのもごもっともだと思います。
潰しかくはんし、スープ&ペースト状態のものをあげるのは短い離乳食初期の間だけ。
産後で出費がかさむ中、無駄な物を省きたいと思うのは当たり前だと思います。
ただ、この離乳食初期というのはママにとってはまだ育児が不慣れであり、体調や心のバランスもまだまだ崩しやすい時期。
すり棒を必死に握って手を赤くしたり、赤ちゃんがいつ起きるかと心配したり、時間に追われてしまうのは
決して「ふ~ん」で済ませられる話ではありません。
「ちゃんと食べられるかな」と子どもが食べる姿を想像しながら調理するのも楽しいのですが、それ以上のハードな状況が離乳食作りにはあります。
数十分、調理時間が短くなればその分違う事に手をつける事が出来る…とても嬉しい事ではないでしょうか?

悩んでいるなら買うべき?!

www.photo-ac.com
また、スープやドレッシング、ソースにスムージーなど普通に作ると非常に手間がかかる作業もあっという間に仕上げてくれるので、普段使いにもGOOD。
むしろ凄く手間がかかっている料理にも見えたりと一石二鳥な部分も大きいんですよ(笑)

機械を使っているから愛情がない?いえいえそんな事はありません。
むしろ精神的ゆとりがお料理への愛情を一層増強させます。
使い方や使い道が気になる方は是非調査してみてくださいね。
筆者もこのハンドブレンダ―には随分助けられました。とは言っても私が購入したのは離乳食中期に入る前位。
初めて手に取った時の感想は「どうしてもっと早く買わなかったんだ!」でした。
時間はいくらあっても足りない子育て期間、少しでも“楽”を確保しましょう。
超便利な時短アイテム、是非お試しください!
この記事を書いた人
ぽんこ

3歳の男の子を育てています。幼児と一緒に右往左往の毎日です。

313,376 Pv