jp.freepik.com

乳歯は生え変わるから虫歯になっても平気?!仕上げ磨きとフッ素で守ろう子供の歯!

昔に比べて、今は子供の虫歯が激減しているってご存知ですか?
昔は、歯は永久歯に生え変わるので乳歯が虫歯になっても気にしない親が多かったそうです。
仕上げ磨きも昔はしない親がほとんどだったようですが、今では仕上げ磨きは当たり前ですよね。
最近は、子供のオーラルケアにもとても関心をもっている親が多くなってきました。
子供の虫歯予防について、ここでご紹介させて頂きます。

侮ることなかれ!乳歯の虫歯

www.ashinari.com
乳歯が虫歯になっても、また生え変わるからいいや・・・と思っていませんか?
とんでもありません。永久歯にも影響がでてしまう恐れがあります。
虫歯になった乳歯を放置すると、そこに虫歯菌がたまることになり、その虫歯菌の多い環境に向かって下から永久歯が生えてくることで、たくさんの菌にやられて永久歯も虫歯になりやすくなります。
また、虫歯が原因で早く歯が抜けてしまった場合、そこに永久歯が生えるまで、しばらく時間がかかるため、その個所は長い間スペースが空いた状態になります。
乳歯は次の永久歯が生えてくるまでの間、スペースを確保しておく役割もあるので、そこにしばらくスペースが空いたままとなると、周りの歯の影響でスペースが狭まり、永久歯が生えるのに十分な幅を確保できなくなってしまう恐れがあります。
よって、歯並びが悪くなるという影響も出ます。

フッ素で虫歯予防

www.ashinari.com
歯医者さんでフッ素を塗布してもらってきた!というママ友の話をよく耳にしませんか?
何歳頃からやってもらえるのか、私の子供が通っている歯科医師に聞いたところ、1歳半から大丈夫とのことでした。年に2~4回定期的に塗布することを勧められました。
オーラルケア商品には、歯ブラシ、デンタルフロスなどの他に、フッ素入りの歯みがき粉、フッ素入りのうがい薬、キシリトールガムなど商品は様々です。
歯科医院でやってもらうフッ素塗布の他、自宅でもできる簡単で大きな効果を期待できるものの一つに
『フッ素洗口法』というものがあります。
フッ素を水で溶かした液でブクブクうがいをするという方法です。
私が自分の子供の虫歯予防にも使っている、お勧めのフッ素洗口剤をご紹介します。

お勧めのフッ素洗口剤

www.bee.co.jp
私がお勧めするのは、虫歯予防フッ素洗口剤「ミラノール顆粒11%」です。
専用ボトルに顆粒を一袋入れ水を足して振って出来上がり!と簡単に作れます。
それを歯磨き・うがいの後、適量を口に含み、ブクブクうがいを約30秒ほどして吐き出します。
吐き出した後は水で口の中をゆすいではいけません。一日一回、食後または就寝前に使用して下さい。
うちの子供達は毎晩寝る前にこれを欠かしません。当初は口の中をゆすぎたいと少し気持ち悪がっていましたが、今では慣れて習慣づいてきました。
我が家ではかかりつけの歯科医師の勧めにより始めました。
3~4歳頃から自分でブクブクうがいができるようになるので、その頃から始めると良いと思います。
歯科医院で販売しており、専用ボトル1本200円、ミラノール顆粒1袋100円で購入できました。
1本で約1か月持ちます。虫歯予防の効果が大いに期待できそうです。

仕上げ磨きはいつまで必要?

kids.wanpug.com
仕上げ磨きは10歳頃までは親がやってあげましょう!というのが歯科医師の勧めです。
10歳といえばもう小学5年生。そんな年齢になるまで仕上げ磨きが必要なの!?
と思うかもしれませんが、子供にとっては歯磨きは面倒くさいものなので、どうしてもいい加減に終わらせてしまいがちです。
親が毎回仕上げ磨きするのも根気がいる大変なことですが、寝る前の歯磨きだけでもいいのでぜひやってあげましょう!
うちの息子は、歯が生え始めた頃から歯ぎしりがひどく、小学生になった今でも就寝中に歯ぎしりをしています。
そのせいで、歯に細かい亀裂ができ、そこに虫歯菌が入り込んで虫歯になってしまいました。
丁寧に歯をみがいていても、どうしても行き届かない部分があるので、寝る前のフッ素うがいはとても必要なケアのひとつです。
この記事を書いた人
nanaosan

男の子3人(8歳、5歳、3歳)の母です。わんぱくな3人に日々鍛え上げられ、たくましい母に成長中!

77,612 Pv