www.photo-ac.com

【乳幼児絵本】保育士が選ぶ秋のオススメ絵本4選

暑さも和らぎ、秋の気配を感じられるようになって来ました。今回は、絵本を通して季節のうつろいを感じてもらえるように、この時期オススメの絵本をチョイス!赤ちゃんから楽しめますよ♪
段階的に紹介していきます。

おつきさま こんばんは

www.hyakuchomori.co.jp
空が暗くなり、おつきさまの出てくる様子を明るく分かりやすく簡潔に表しています。おつきさまの表情を見ながら、お子さんも表情を変え、情緒も育まれそうですね。
中秋の名月の近いこの時期にお月見の話をしながら、この絵本と同じだよ、とお月様を見上げ、秋の風や本物のおつきさまを感じられるといいですね。
「こんばんは」で、夜のご挨拶の仕方や習慣も自然と身につけられますね。

1986年以来愛されている 林明子さん作の絵本です。
福音館から出ています。

いもほり よいしょ!

www.amazon.co.jp
かわいらしいどうぶつたちがいもほり遠足に出かけます。小さいおいもから大きいおいもまでどっさり!でも、おなじように土の中からもいもほり遠足に来ていたどうぶつが…。
簡単なしかけとちょっぴりどきどきもある楽しくかわいい絵本です。
おいもほりで秋を感じられるといいですね。

しかけ絵本のきむらゆういちさん作 いもとようこさん絵のかわいらしい一冊です。
教育画劇から出ています。

おおきなかぶ

おじいさんが植えたかぶの種が大きく大きく育ちました。「うんとこしょ!どっこいしょ!」とリズミカルな掛け声に、おじいさんたちと力を合わせておおきなかぶを抜く楽しみがあります。いつになったら抜けるかな?お子さんと一緒に気持ちをひとつにして掛け声をかけ、一緒に抜いている気分を味わえる一冊です。

おおきなかぶのお話はたくさん出ていますが、こちらの絵本がオススメです。
ロシア民話 A・トルストイさん作 内田 莉莎子さん訳  佐藤 忠良さん絵
福音館より出ています。

どうぞのいす

shop.tsutaya.co.jp
うさぎさんが小さないすをつくります。「どうぞのいす」とたてふだを立て、大きな木の下に置きました。
ろばさんがどんぐりを置いて一休みをします。すると、次々現れた動物がいすにある食べ物を頂き、代わりに持っていたものをおいて行きます。動物さんの「どうぞ」に込められたやさしさのリレーにほのぼのします。シンプルでテンポのよい言い回しも素晴らしく、読んだ後にあったかい気持ちになれる素敵な作品です。
やさしい動物さんと一緒に秋の実も出てきますよ。

香山 美子さん作  柿本 幸造さん絵
ひさかたチャイルド/チャイルド本社から出ています。
秋を感じられる絵本は他にもたくさんあります。本屋さんには通年販売されているものと他に、シーズンコーナーがあるところもありますので、そちらをチェックしてみるのもいいと思いますよ。どれがいいか迷ったときは、お子さん自身に選ばせる方法も。自分で選んだ本は、お子さんも愛着を持ち、好きになる可能性大です。
絵本は絵を楽しむアイテムです。かならずしも文の通りに読み進めなくてもよいです。お子さんがめくりたくなったら、それに合わせて読んだり見たりし、共に楽しめるといいですね。
かわいらしい絵本からも秋を感じ、秋を知り、遊びや活動にひろがるといいですね♪
この記事を書いた人
あまいいちご

4歳男の子のいるワーキングマザーです。子どもに携わって20年以上!幼稚園、保育園、支援センター等の勤務経験あります。ベビーマッサージのインストラクターもしています。上級救急、小児救急法も取得…

38,270 Pv