www.photo-ac.com

ミルク育児に便利な調乳グッズを教えます!!

赤ちゃんにミルクをあげる時には、おっぱいをあげるのと違って、用意しなければならないものがいくつかあります。
主なものは、哺乳瓶、お湯、ミルクの3つです。
それ以外に、ミルクを計るスプーン、ミルクを冷やす氷、消毒液など準備するものが多いです。
毎回、お湯を沸かして、ミルクを作り、飲み終わったら哺乳瓶を洗って消毒するのは、本当に大変なことですよね。。。
少しでもミルクを作る手間が省ければと思い、こんなときはこれがあると便利というものをご紹介したいと思います。

普段の調乳で便利なものは?

www.photo-ac.com
ミルクを作るときに、ポットなどにあらかじめお湯を用意しておくと、お湯を沸かす手間が省けるのでとてもスムーズです。
電気ポットでなくとも、保温性の高いポットであれば、一度お湯を沸かしておけば数時間は使用できるので節約にもなり効果的です。
それから、ミルクをその都度計るのは大変ですよね。
急いでいて、何回計量したかわからなくなったり、こぼしてしまったりした経験が一度はありませんか。
そんな時には、三段ミルクケースがとても便利です。
3回分のミルクを前もって計っておけるので、すぐに作らなければならない時に役立ちます。

夜中の調乳で便利なものは?

www.photo-ac.com
夜中に起きてミルクを作るのは、とても大変なことです。
できるだけスムーズにミルクをつくることができたら、楽ですよね。
そのためには、前もって準備をしておくことが重要なんです。
まずは、ポットのお湯、湯冷ましをいれたポット、三段ミルクケース、哺乳瓶をお盆などにのせて、寝室に準備しておきます。
ミルクをあげる時間になったら、ミルクをポットのお湯でしっかりと溶かして、あとは湯冷ましをいれて、適温に調整してください。
そうすれば、短時間でミルクを冷ますことができます。
この方法は、夜中に限らず使えますので、冷やす手間を省きたい方は、ぜひ実践されてみてください。

外出時の調乳で便利なものは?

www.photo-ac.com
子どもと一緒に出かけたいけど、まだ小さいし、ミルクはどうしたらいいのと考えて、出かけるのを止めてしまったことがある人は多いのではないでしょうか。
最近では、遊園地などのテーマパーク、大型ショッピングセンター、道の駅や高速道路のサービスエリアなどには授乳室があり、調乳用のお湯や流し台があるところがとても多いです。
外出先でも、安心してミルクをあげられますし、哺乳瓶を洗うこともできます。
それでも心配な方は、荷物にはなりますが、持ち運びが便利な保温性の高い水筒などにお湯と湯冷ましを持っていくといいでしょう。
また、大容量の粉ミルクを使っている場合は、ビニール製の粉ミルク入れに一回量を計って使うか、スティックタイプやキューブタイプのミルクもありますので、外出時はこれらを使用すると、持ち運びに便利です。

消毒はどうするの?

www.photo-ac.com
哺乳瓶は、一回使用したごとに消毒しなければなりません。
ミルトンやミルクポンなどは、一度液を作っておけば、24時間は使用することができますので、毎回変える必要はありません。
また、電子レンジなどで簡単に消毒できるものもあります。
どんな方法にしても、赤ちゃんが使うものですので、清潔に保つように必ず消毒はしましょう。
万が一、外出時間が長く、哺乳瓶の替えも足りないという場合は、使い捨てタイプの哺乳瓶がありますので、そちらを使用されることをおすすめします。
赤ちゃんの栄養源であるミルクですが、毎回作るのは本当に大変で、つらい思いをしながら作っているママさんも少なくありません。
ママだって、疲れているし、楽したいと思うのは当たり前のことです。
すべてのことを頑張りすぎずに、手を抜くところは手を抜いて、気持ちに余裕を持つことが大切です。
ミルク育児は愛情がつたわりにくいと思っている人がいるかもしれませんが、ママが愛情を込めて作れば、おいしいに決まってます。
そして、何よりも赤ちゃんの顔を見て、優しく包み込むようにして飲ませてあげてください。
この記事を書いた人
されらんと

5歳の女の子と3歳の男の子のママです。よろしくお願いします。

198,542 Pv