www.photo-ac.com

義務教育学校って?メリットとデメリットを考えてみた

「義務教育学校」という言葉を先日初めて目にして、「?」となりまして。。。
小中一貫教育を行っている学校があるのは知っていましたが、それが市区町村の判断で自由に作ることができるようになるとのこと。
そもそも現状それができないことさえ知らなかったのですが。。。
『義務教育学校』ってどんなメリットがあるの?どっちがいいの?と就学前の子供を持つママやパパは気になりますよね。
というわけで、調べてみました。

義務教育学校とは

www.photo-ac.com
小学校と中学校の義務教育期間9年間をまとめて行うことができる学校のことです。
2016年4月から「改正学校教育法」が施行され、それにより義務教育を行う学校は「小学校」「中学校」「義務教育学校」の3種類になります。
元々市区町村には小学校・中学校の設置義務がありますが、義務教育学校を設置することで、小中両方を設置したとみなされるとのこと。
国公私立いずれも設置可能で、建物自体を小学校部分と中学校部分を分ける「分離型」か、同一建物内に両方を置く「一体型」が選べるとのこと。
分離型だと今までと変わらないんじゃ。。。と思いますが、授業内容などの課程区分を6年・3年ではなく、「4-3-2」「5-4」「4-5」などと自由に区切ることが可能だそう。
カリキュラムも地域や生徒に合わせて独自の教科を創ることもできるそうです。
なんか面白そうですね。
義務教育学校の先生は小学校・中学校それぞれの免許が必要になるのですが、しばらくの間は免除されるとか。
校長先生は学校に1人なんですって。まぁ、そうですよね。。。

メリット

www.photo-ac.com
さて、この義務教育学校。どんなメリットがあるのでしょう。
調べてみた中で皆さんおっしゃっていたのは「中1ギャップ」の解消が期待されるとのこと。
「中1ギャップ」とは、「小学校から中学校に進学したときに、学習内容や生活リズムの変化になじむことができず、いじめが増加したり不登校になったりする現象」(コトバンクより引用)だそうです。
確かに、小中一貫だと劇的に環境が変わるようなことはないでしょうから、こういうことは起こりにくそうですね。
実際に小中一貫教育を効果的に導入することによって、飛躍的に改善できたという結果が出ているそうです。

デメリット

www.photo-ac.com
デメリットとして懸念されるのが、学校統廃合に利用される可能性があるということ。
複数の小学校を統廃合するのに、保護者や地域住民へ「代わりに義務教育学校を作る」と説得するケースがあるそうです。
複数の小学校をまとめて一つの義務教育学校にしてしまうと、学校の数が減った分、改修費用などを減らせるということでしょうか。
廃校にする必要のない学校まで「義務教育学校設置」を理由に統廃合される可能性があるということなのでしょう。
明るく楽しく元気に通ってくれればどこでもいいんじゃないの?と思っちゃう私ですが、そうもいかなくなるんでしょうね、きっと。
我が家の周辺、通える範囲内に義務教育学校ができる予定があるのかわかりませんが、どこに進むかを決めるのは息子自身(に任せようと思っています)。
とりあえず母ちゃんとしては選択肢を多く用意してあげられるように教育費を貯めておこうと思います。。。
この記事を書いた人
うっちー

もうすぐママ4年生!元気いっぱいの息子に翻弄される日々でございます…(꒪⌓꒪)

160,185 Pv