www.photo-ac.com

元幼稚園教諭が語る!幼稚園入園選考の際の心構えと準備

いよいよ幼稚園入園に際しての願書提出が始まっていることと思います。
入園選考を控えている幼稚園を志望されているご両親は緊張が最高潮の頃かと思います。
今回は幼稚園入園選考に関しての心構えや今から準備できることをお伝えします。

こちらでは所謂お受験幼稚園ではなく、地域にある幼稚園の入園選考対策になりますのでご注意ください。

服装

www.photo-ac.com
理想は親はスーツです。きちんと感が出ていればブランドやメーカーは問いません。あえて購入する必要もありません。
お子さんはきちんと感が出ていればスーツでなくてもよいです。お子さんが着慣れているお洋服がよいと思いますので、面接までに時々着用できるといいですね。
着ているものは第一印象と考えていただければよいと思います。いくらよい物をお召しになっていても、着方がだらしなかったりサイズが合っていなかったりすると、よい印象は受けないですよね。面接だからと特別に意識する必要はありませんが、面接官の方はどのような姿勢で臨んでいるのかの参考にはしていると思いますので、その辺りを考えた服装を考えられるといいですね。

入園選考までに子どもにできること

www.photo-ac.com
入園選考が近くなると、親が必死になりすぎてあれもこれもとわが子に詰め込もうとする姿が見られます。この時期まできたら新しいことはやめてください。よい意味で諦めてください。もうここからはお子さんの心の安定だけを考えましょう。気持ちが安定していないと持っている力を最大限に出すことはできません。
基本的にはお名前と年齢が言えれば十分です。お風呂に入っているときなどリラックスしているときに遊び感覚で「お名前は?」「いくつですか?」などとやり取りを楽しめるといいですね。すでにできているのであれば、色や数を質問して遊び感覚で楽しむのもいいですね。あくまでも遊び感覚なので、間違えても叱ったりがっかりしたりしないようにしてください。失敗経験とインプットされてしまうと分かっていることも自信を持って答えられなくなる可能性も出てきます。
残りわずか、とにかく楽しく明るく気持ちが安定できるように過ごせるといいですね。

願書の書き方

www.photo-ac.com
園によって願書の書き方や貼る写真も異なりますが、どのタイプに関しても言えることをお伝えします。
①丁寧に書く
 綺麗な文字にこしたことはありませんが、丁寧に書いているか雑に書いているかは文字の綺麗さよりも大切です。文字を見れば一目瞭然です。とにかく丁寧に気持ちを入れて書きましょう。
②空欄はつくらない
 空欄を作ると言う事は、園側から求められていることに対してスルーすることになりますので、どんなことでも書けることは書くようにしましょう。
③写真
 園によって個別の写真だったり家族写真だったりすると思います。指示に沿った写真を貼るようにしましょう。
④見直しをする
 しばらくして落ち着いてから再度漏れがないかミスがないか隅々まで見直すようにしましょう。

なんでこんなことまで?と言うような欄があるところも多いようですが、内容よりも求めていることに対してきちんと対応できるかどうかをみていることが多いと思われます。ですからどんなことでも空欄はつくらず記すようにしたほうがよいですね。
ここまできたら、できることは願書を丁寧に作成することと、お子さんの気持ちを安定させることです。面接があるところでは、姿勢を正しく丁寧に受け答えできるようにしてくださいね。
パパやママの希望でないところに決まったとしても、きっとそこがお子さんとご縁のあった幼稚園なのだと思います。そのときは気持ちを切り替え、決まった園でお子さんが楽しく過ごせるようにアシストできるといいですね。
この記事を書いた人
あまいいちご

4歳男の子のいるワーキングマザーです。子どもに携わって20年以上!幼稚園、保育園、支援センター等の勤務経験あります。ベビーマッサージのインストラクターもしています。上級救急、小児救急法も取得…

38,270 Pv